本文へスキップ

森林遺伝育種学会は森林に係わる遺伝と育種に関する場を提供する団体です。

森林遺伝育種学会賞と奨励賞Prize

森林遺伝育種学会賞と奨励賞の受賞者名簿


2019年度

第7回森林遺伝育種学会奨励賞
鶴田燃海 (東京大学アジア生物資源環境研究センター)
「サクラ属における遺伝基盤の整備と雑種不和合性関連遺伝子の探索」
長谷川陽一 (森林総合研究所)
「遺伝資源の持続的・効率的利用に向けた森林植物の繁殖様式の解明と分子育種学的研究」

(2019年11月受賞)

2018年度

第6回森林遺伝育種学会賞
陶山佳久 (東北大学大学院農学研究科)
「森林遺伝育種学的研究のためのMIG-seq
(multiplexed ISSR genotyping by sequencing)法の開発」

(2018年11月受賞)

2017年度

第5回森林遺伝育種学会奨励賞
坪村美代子 (森林総合研究所)
「スギにおける雄花着花性の遺伝性と雄花形態形成に関する研究」
James R.P. Worth (森林総合研究所)
「コウヤマキの遺伝的多様性と保全に関する研究」

(2017年11月受賞)

2016年度

第4回森林遺伝育種学会奨励賞
玉木一郎 (岐阜県立森林文化アカデミー)
「希少種シデコブシの保全遺伝学的研究」

(2016年11月受賞)

2015年度

第3回森林遺伝育種学会賞
小澤 創 (福島県農林水産部・森林林業総室・森林整備課)
「福島県のアカマツ林における遺伝的多様性の維持機構に関する研究」
第3回森林遺伝育種学会奨励賞
菊地 賢 (森林総合研究所)
「生育地の分断化が森林植物の繁殖様式および遺伝的多様性に及ぼす影響に関する研究」
中西敦史(森林総合研究所)
「温帯広葉樹における花粉と種子を介した遺伝子散布に関する研究」
松永 孝治(森林総合研究所)
「マツノザイセンチュウ抵抗性育種と普及に関する研究」

(2015年11月受賞)

2014年度

第2回森林遺伝育種学会賞
吉丸 博志(森林総合研究所)
「日本産サクラ栽培品種の系統管理に関する研究の推進」
第2回森林遺伝育種学会奨励賞
三嶋 賢太郎(森林総合研究所)
「スギの木部組織における木部活動期を通じた遺伝子発現パターンの解明と発現遺伝子群のプロファイリング」
木村 恵(森林総合研究所)
「森林植物の交配様式と更新過程およびそれらの保全に関する研究」

(2014年11月受賞)

2013年度

第1回森林遺伝育種学会奨励賞
栗田 学(森林総合研究所)
「スギA9 様遺伝子のプロモーターは形質転換体の雄花で強く活性化する」
加藤 珠理(首都大学東京)
「DNA マーカーを用いた日本のサクラの遺伝的特性の解明」

(2013年11月受賞)


バナースペース

森林遺伝育種学会

〒319-1301
茨城県日立市十王町伊師3809-1
森林総合研究所林木育種センター内
森林遺伝育種学会
事務局会員窓口

メールアドレス