本文へスキップ

森林遺伝育種学会は森林に係わる遺伝と育種に関する場を提供する団体です。

お知らせnews


お知らせ 202020192018201720162015201420132012

森林遺伝育種学会 お知らせ 2020年


2020年10月15日

第9回森林遺伝育種シンポジウム オンライン開催のお知らせ

開催日時 : 2020年11月13日(金)13:00-16:30
場所   : LINC Bizを使用したオンライン開催

シンポジウムテーマ:マツ材線虫病の理解はどこまで進んだのか?

  1. マツノザイセンチュウの病原性と病原力の理解はどこまで進んだのか?
         新屋良治(明治大学農学部・JSTさきがけ) 
  2. 宿主-病原体間相互作用の視点からマツ材線虫病発病メカニズムを考える
         山口莉未(九州大学大学院生物資源環境科学府)
  3. マツノザイセンチュウ抵抗性マツをどう使うか?
         松永孝治(森林総合研究所林木育種センター九州育種場)
  4. マツ材線虫病被害・防除の現状と将来展望
         中村克典(森林総合研究所東北支所)
ポスター(pdf)


2020年10月1日

森林遺伝育種学会第9回大会(研究発表会)開催のお知らせ

開催日 : 2020年11月 6日(金) 午後
場所  : LINC Bizを使用したオンライン開催

研究発表申込み締切:10月 9日(金)
発表要旨の締切:10月23日(金)



2020年7月25日

森林遺伝育種 Vol.9 No.3 (2020年7月) を公開しました


2020年7月13日

森林遺伝育種バックナンバーVol.1、2、3、4の公開をJ-stageに移行しました。


2020年4月25日

森林遺伝育種 Vol.9 No.2 (2020年4月) を公開しました


2020年4月22日 

森林遺伝育種バックナンバーVol.5、6、7の公開をJ-stageに移行しました。


2020年3月9日

森林遺伝育種学会総会および第9回森林遺伝育種学会シンポジウム
の開催中止のお知らせ(第2報)

森林遺伝育種学会会員 各位

 新型コロナウィルス感染拡大の影響で第131回日本森林学会大会の開催が中止になったのに
ともない、関連研究集会 として2020年3月30日に開催予定であった森林遺伝育種学会総会お
よび第9回森林遺伝育種学会シンポジウムについても、この日程での開催を中止することにな
りました。

 総会については、理事会において検討を行い、今回は特例的な措置としてメール 開催とす
ることとしました。

 詳細については、別途メールマガジンを送信しているメールアドレスに情報をお送りさせて
いただきます。また、シンポジウムについては、来年度の研究発表会の午前に東京大学農学部
キャンパス内で開催する方向で調整しています。

森林遺伝育種学会会長 戸丸信弘


2020年1月30日

日本学術会議協力学術研究団体の指定について

森林遺伝育種学会では、日本学術会議協力学術研究団体への指定申請をすすめてまいりましたが、
このたび要件を満たし、1月30日付で団体指定されました。
リンク:日本学術会議協力学術研究団体とは


2020年1月25日 

森林遺伝育種 Vol.9 No.1 (2020年1月) を公開しました


バナースペース

森林遺伝育種学会

〒319-1301
茨城県日立市十王町伊師3809-1
森林総合研究所林木育種センター内
森林遺伝育種学会
事務局会員窓口

メールアドレス